ダラシンTゲルとは?

ダラシンTゲルは、クリンダマイシンという抗生物質を主成分にした薬です。

クリンダマイシンは、細菌がタンパク質合成することを阻害して、細菌が繁殖するのを抑えてくれる外用ニキビ治療薬です。

ゲルタイプの塗り薬ですが、べたつかないので、オイリー肌の方でも安心して使用することができます。

ダラシンTゲルでステロイド痕のようになる理由とは?

ダラシンTゲルの副作用に、ぬった部分がひりひりしたり、赤くなったり、かゆみが出たりすることがあります。

これは、アレルギー反応を起こしたと考えられます。

そして、アレルギーを起こした場合に、まれにニキビ跡がステロイド痕のようになってしまうことがあるようです。

皮膚が損傷してしまった部分を修復するため、局所的にコラーゲンが増えすぎてしまい、そこが赤くなってもりあがってしまうようです。

原因はアレルギーなので、アレルギー体質という方は、ダラシンTゲルを使用する場合には、注意が必要です。

ダラシンTゲルの注意点

ダラシンTゲルは、アレルギーを引き起こしてしまう場合があります。

そのアレルギーが原因で顔にぬることでステロイド痕のようになってしまうので、アレルギー体質であるという方は、使用する場合、慎重に使用するようにしましょう。

また、塗り続けることによって耐性菌を生み出してしまうので、ニキビが改善されてきたら、すぐに使用を中止するようにしましょう。