皮膚のかゆみ

ダラシンTゲルは、ぬった部分がひりひりしたり、かゆみが出てしまう場合があるようです。

かゆみやひりひりなどはアレルギー症状を引き起こしたと考えられます。

アレルギー症状が出た場合には、すぐに使用を中止し、違う薬に変える必要があります。

アレルギーを起こした場合

ダラシンTゲルでアレルギー症状を引き起こしてしまった場合、ニキビが悪化してしまうという可能性も考えられます。

ニキビはアクネ菌が増えることで、免疫が活性化し、ハレを引き起こします。
アレルギーを引き起こしてしまうことで、その免疫がより過剰になってしまうので、ニキビが悪化してしまうのです。

ニキビが悪化すると、赤みやハレだけではなく、色素沈着や、クレーターのような凹みになりあとが残ってしまうことも考えられます。

肥厚性瘢痕

ダラシンTゲルでアレルギー症状を引き起こしてしまった場合、肥厚性瘢痕などの形成の可能性もあります。

コラーゲンがニキビ部分に過剰に生成されてしまうことで赤く盛り上がってしまうもので、進行性がないものと、進行性のある、真性ケロイドもあるようです。

ダラシンTゲルの副作用

ダラシンTゲルにステロイドは入っていないので、ステロイドのような副作用の心配はありませんが、アレルギー症状などが出たら、すぐに使用を中止し、医師に相談するようにしましょう。