ニキビの治療にステロイド?

ステロイドというのは、副腎皮質ホルモンで、体内でも作られているホルモンです。
しかし、ニキビの治療をするためにステロイド剤を使用するとなると、副作用などの不安もあり、少しドキッとしてしまいます。

どんなニキビにもステロイドが使用されるというわけではなく、かゆみを伴い、炎症を起こしているニキビの場合に、ステロイドで炎症を抑えるために処方されることがあるようです。

ステロイドといっても強さは5段階に分けられているので、医師と相談し、安全な者を処方してもらうといいでしょう。

ダラシンTゲルは?

ダラシンTゲルは、ニキビの炎症を抑えてくれる薬です。

優れた抗菌力を持つ抗生物質なので、炎症を強く起こしているニキビや、化膿してしまったニキビに効果的といわれています。

すばやく炎症を抑えてくれるので、ニキビ痕などになることを防いでくれる薬です。

ただし、ダラシンTゲルには副作用があるので注意が必要!
特に背中ニキビに使うときは要注意です。

ニキビの治療にはステロイドが必要なのか?

ニキビの治療にはダラシンTゲルが処方される場合が多いようですが、あわせてステロイドが処方される場合もあるようです。
どちらも炎症を抑えてニキビを改善してくれる薬なので、どちらかひとつでいいのでは?と思うかも知れませんが、合わせてステロイドが処方される場合は、かゆみがある場合などのようです。

ニキビにかゆみがあり、掻いてしまうと、傷になってしまってあとが残りやすくなってしまったり、傷から菌が入り込み、症状が悪化してしまうことも考えられます。
そのかゆみを抑えてくれるのがステロイドなのです。

医師が症状にあわせ処方してくれると思いますが、心配な場合には、医師に確認してみるといいでしょう。